ぜんこめおきば。 - 2009/02

とにかく全コメなのです。




[PR]



2009年02月28日(Sat)▲ページの先頭へ
おじいちゃんに残コメ・・・の半分。
実のところ全コメ始めるまでマーガレットのルール呑み込めてませんでした。
やっと脳内シミュと結果がシンクロするように。そりゃ勝てませんわ。

もっと使いやすいブログに移動したいなーとか思いつつ、爺マガ全コメ後半戦。


赤錆びた包丁

・・・という名のえぬえむ。剣匠が出場年齢に気を遣ったりするとは珍しい。でもボロ包丁一本だけでえむえぬを送り出すあたりいつもの・・・
通過ソバに毒を混入させるも敗退。防御型の多い今回、毒キャラは苦戦してる印象。


歩き斬り朱水

必殺仕事人のような空気を漂わすおじいちゃん。渋い。
確実に5ダメージづつ与える感じがまさに歩調を緩めぬ歩き斬り。殺し方にも美学を感じます。今大会中いちばん爺VS爺してた。


古びた鏡

反射する鏡。物語の中盤で主人公を大きくパワーアップさせる感じ。
殺しあい大会という性質上我の強いキャラが多い中で他を引き立てる貴重な脇役。
読み通りの魔法剣キャラながら体力負け。残念。


徘徊するなライカおばあちゃん

「徘徊するな」ってご家族の方の心の叫びみたいなネーミングに爆笑。
心配される家族が出来たなら幸せな結末かなとも思うけれど。
でも毒4つ・・・やめておばあちゃん!教会のHPはゼロよ!!


“銅マント”マウンテン・ミャスカ

”銅マント”かっこいい。これで能力弱まったとか、なんというご老人。
シンプルな加護デスながら強い。毒キャラ加熱キャラのほとんどを寄せ付けない。
勝率高いなぁ・・・


壱悪 悟

文章がゆったりしてて素敵。まさにおじいちゃんの境地。
ペアルックのような加速鏡デスが仲良さげに見える。
非常によく似た構成の宇宙人に敗れる。もしや未来から来た生まれ変わりの・・・(それはない)


エナ爺

「孤独剣・・・」主に土管が3つある公園の裏あたりに居そう。
最近の小学生は英語を駆使してうまいこと言いますか。言いそうだな。
斬1→毒→絶対→盾4と、バランスの良い日替わり剣で勝利。


老兵婦マリア

好きだった人がいれば嫌いだった人も。
嫌いな人がいなくなる気持ち悪さと寂しさ、だと思う。文学的。
相性のよいデス剣使いを見事撃破。


熟達の預言者、アスト

プロフェシー。預言者のことをProphetというのを今知りました。
歪みを正すものと同じ高速蟲毒。衣服で攻撃できそう。ウィング袖カッター。
754歳も生きてたら待つだけでほとんどのおじいちゃん死んでそう。




地球儀の外枠・・・?
シンプルな蟲毒で三人マッチを撃破。




・・・スタミナ切れです・・・
残りの方はまた後日・・・


2009年02月25日(Wed)▲ページの先頭へ
おじいちゃんに半コメ。
アビタァガァルが一番自信のある対策をしたミュリエンティキャラに負けました。
勝算9割と踏んでたのに見事残りの1割引いた。
あんた・・・本物の鉄の処女だよ(称賛のつもり。)

ぎゃー西瓜さんのおじいちゃんマーガレットに参加できなかった!
狂気アマリリスにも・・・!
やっぱり締切ギリギリはいけない。反省。

それにしてもマーガレットの人たちは勢いがあるなぁ。
あれだけ締切があったりイベント主催したりして、なおかつ絵を描いてるとかHP更新してるとか化け物かー。
この方とか。この方とか。この方とか。
もうなんていうか、尊敬します、はい。

でも尊敬してるだけじゃあかんよな。ちったぁ頑張らねば!
というわけでせめてもの罪滅ぼし寸評おじいちゃんマーガレット。略してGマガ。この略流行りませんねきっと。
一回戦の結果見てない人は見るんじゃないッ!

正直マーガレットは半分も参加できてなかったりするので、
ぜんぜん元ネタ拾いきれてないと思います。お許しを。
あと一部変な妄想とか入ってますがお許しを。

死楽(代理13)

「B」みたいな13がカッコいい代理死楽さん。これは強いだろうなと思ったのに。
防御デス剣に当たってしまう不運・・・なのか何なのか。
対戦相手が好みなら・・・って相手は高確率でじーちゃんばーちゃんあと何故か宇宙。


武本 吉宏

超加熱重撃武本さん。
君を追ってここまで・・・これませんでしたね。残念。
きっと目の前に立たれた時には攻撃力がシャレになりません。逃げて!


ひいじいちゃん

素早いひいじいちゃん。何だかホラーとは別な感覚で怖い。
なるほど加速二本は確実に鏡が張れるからか。
鏡二枚でデス剣までしのげるのがGマガらしさ。


不機嫌なロータス

全てを失って・・・ふてくされてるだけ!?
2000年生きてる人の感覚っぽくて好き。
不機嫌さがダブル加熱あたりににじみ出てるかも。


世界樹

どうみてもPCのほこりを取るアレです。宇宙以前からある白痴ってすごい。
HP全振り。面白かったけどデス剣持ちにはどうしようもなかった。
いつもTCGでバランスを取ってるせいかRAYさんはマーガレットで極端に走る。


クレデンダ

血縁に限らず養子も半端ないですねここの家族!
老化したい老化したいと思ってる割に事実上の高速蟲毒さん。OK落ちつこう。
こういうキャラに強いのがHP全振り。まさに明暗。


ハニカミ屋のウサG

じいちゃん渋い。後ろの加速線が良い感じ。
そこのデス剣でも振っときな!とか言いながらデス剣に負けるという。
きっと後でかわいい孫に負けてやるつもりだったのでしょう。


うちゅう__

狽「や心配しなくても誰もかぶらないから!!
138億歳にして産まれたばっかりって宇宙にしても長命なほうですね。
グレデンダも見習うといいと思う。幼い宇宙にとって毒が少し強すぎた。


通過ソバ(type支那そば)

淡々と哲学する語りの通過ソバ。中華とかけてたと気づいたのは割と最近です。
「スープさめちゃったよね」で現実に戻される感じが面白い。
デス剣使いなのに判定勝ち。次回はぜひ完食・・・じゃない完勝を。


丘の教会

残念逃げ切れず。盾2つで残りはHP。デス剣対策万全。
これはかなり逃げ切れると思ったけど、今回はその盾2つが仇に。
あきらめずにこれからも逃げ切り道を歩んでください。


チムニー

「壁は死ぬ」のインパクトに殺されかけた。サクッと懐に入るように。
HP50でも加護持ちでも簡単に殺してしまう攻撃力。
2〜4ターン目の動き、機能すればカッコよかったんだけど。


エッセン・ミュルハイム

設定と絵が飛び過ぎ!・・・何か元ネタありだとしたら気づいてません。ごめんなさい。
加熱加熱で斬撃9ってのは何だかチャージな飛行魔法っぽいかも。
三人マッチの相手は毒と鏡デス。相手が悪かった。


世界の亡骸

ついさっき画面下の亡骸に気づきました。ごめんなさい。
エントロピー拡大完全進行後の冷めた宇宙。でも、どこか安らかな死。
クレテンダはこの安らぎと闘って何を学ぶのか。・・・なんちて。


ウォルター

なんといううさんくささ。B級感たっぷり。
そしてデス剣ビーム反射反射の繰り返しもまさに一昔前のSF。
きゅーん。ずどーん。どかーん。妄想が広がった一戦でした。


落涙白亜

文字通り白亜で出来ていたのね。文章と絵がマッチして詩情的。好きだなー。
古びた鏡の設定と妙に合う。戦闘も。自傷気味になった白亜と自分を写す鏡みたいな。
どうやら白亜は鏡の試練を乗り越えたようです。白亜頑張れ〜。


JuN

「ゆびぅわ」wwww素敵過ぎるwww今までのJuNの中で一番はっちゃけてる・・・と思いきやHPにはインパクトのあるJuNがゴロゴロ。かなり笑いました。
老いてなお世界樹に一撃デスやっちゃうおばあちゃん。近づいたら危険。


とりあえず半分で休憩。マーガレットは参加者多くて大変だ。
でも寸評書いてみて分かる面白さもあったりするので最後まで続けます!


2009年02月23日(Mon)▲ページの先頭へ
【メモ】TRPG反省点
本日のTCGTRPG、こっそり反省。


・711体力キャラなどは戦闘は楽だが交渉や話術などに絡むのに能力を使えない。
むしろ上級者向けかも。

・GMの不十分なところには突っ込むべき。GMの罠も出来る限り見抜く努力をすべき。だが、PTを扇動してGMの意図しない方向に持って行くのは問題。

・キャラロールとそうでない時の区別をはっきりすべき。かぎかっこでいけばよかったね。

・自分のキャラの個人的な目的を設定しておく必要があるかも。PTのためなのか、自分のためなのか。



全体的に見て、ちょっと前半をダラけさせすぎたかな。その割に重要人物の商人へのアタックは弱め。もうちょっと弄ってキャラと情報引き出さないとだ。なんていうか・・・もうちょっと話術のリアルスキルが必要だな〜。がんばろ。


2009年02月22日(Sun)▲ページの先頭へ
TCG第十回キャラ、全コメ。
以前ほったらかしたブログスペースを再利用して、TCGW第十回のキャラクター全コメいきたいと思いますっ!

一部私情・感想・作者のメタ読み入りまくりですが愛ゆえにということでご容赦を。



上弦坂 弓彦


 ・キャラ

そんな目で見つめられたら惚れるって。マジヤバイ。画像はぜひクリックして見るべき。野心を持ちつつ自分の立ち位置もわきまえる好青年。武闘集団(違うかも)ってこういう人がいないとまとまんないですね、きっと。

 ・性能

剣士殺し。
特に釘打ちには容赦なし。魔法使いにもダメージ的にはタメ張れる。壁の障壁毎回解除が地味に強い戦法。まさに謙虚な副班長。




ピンチ獣 ツギホウグ


 ・キャラ

なんと勇壮な無機物か。その割に口調は熟練大工。何そのギャップ!ちなみにうちのじいちゃんも大工だったけど確かに釘嫌いでした。

 ・性能

釘使い。
だから何そのギャップ!!
釘対策を講じたキャラが多いのが少々しょんぼりながら、bind捨てた相手と他のミュリエンティ持ちには確実に体力で勝てる。
高体力の剣士は泥試合にも強い(重要)。



ヌの左手


 ・キャラ

だからどれ!!
分類上掌の左側に親指あるのは全部左手で、右手構造してるのが全部右手だろうか。まぁヌの場合、親指を小指と錯覚させるとか平気でやりそうですが。

 ・性能

火炎縛と溶岩流で攻めるbindキャラ。
シンプルながら嫌らしい強さ。火属性なので攻撃力もそこそこ。ヌらしさが存分に発揮されております。1ターン目で先攻が取れればかなりのキャラに勝てそうな。






 ・キャラ

なんかすごく親近感が・・・ゲフンゲフン
知性3に対しスキル5とか、パラメータがらみの小ネタがいい感じ。めんどくさいとか言ってる割に柄物のコタツとかみかんとかにこだわりを感じる。

 ・性能

後の先タイプ。
「死なない程度にがんばる」といった感じがにじみ出てる。このターンで自分が死ななかったら妨害。相手の魔法スキルを削り切れれば勝利。高体力低知性の相手には脅威。脳髄洗い使用後も割とスキなし。体力には少し不安が残るかも。



パイルドライバーとウェルディングマシーン


 ・キャラ

くい打ち少女と溶接機械。
ウェルディングは溶接(welding)。一つかしこくなった。縛った作業服とかメカヘルメットとかJOJO立ちなところとか、細かい見どころ満載。建機の良さと少女の良さって競合しないんだなぁ。

 ・性能

とにかく釘打ちたがり。
bindがついたら即産卵管でなすりつけ。くい打ち少女の不具合は溶接機械がサポートする連携の良さ。瞬間の攻撃力もさることながら、釘→産卵管→爆撃と、流れるようなスキルバインドの対策で、安定感もある。長篠の戦い三段鉄砲隊的作戦。



ネオンツリー


 ・キャラ

鉢植えの小さなやつが部屋に欲しくなる。(でも見ようと思うと暖房無しか・・・)電球やLEDで飾るよりもよっぽど風情がありそう。「根元から掘り起こすのが一番よい」淡々とした感じが、実際身近にありそうな植物っぽい。
      

 ・性能  

体力あり、攻撃力あり、bindあり、回復ありの万能型。
プランの文字数参照で最重要プランが狙い撃てれば、かなり安定した戦いが望めそう。「成長」で釘対策と回復の同時対応できるあたりがポイント。この植物、そう簡単には引っ張り出されない模様。



スカーレット


 ・キャラ

返り血だけが救いという、どうにも救われない修羅。
それでも確固たる救いがあるなら、一般常識の範疇の外の幸せ、みたいなものがあるのかも。したたる血のような髪と風に舞う包帯の存在感がすごい。

 ・性能  

唯一の金鎖使い。
カスミストの欠落を恐れた剣士が一番出会いたくない相手。本当に勘弁してほしい。金鎖が他にいなくて未遂に終わったものの、コスト3の金鎖維持の相手に対して空圧はかなり脅威だったはず。魔法キャラに当たりさえしなければ敵無しかも。



サカトゲ


 ・キャラ 

勢いが!半端じゃねえぜぇぇえぇえ!!!
「プランを〜〜に変更する」とかいうお堅い文体なんざ似合わない。行くぞぉおおおぉ!と来いよおぉおぉお!の気持ちいい二択。
魔女を張っ倒すのに、それ以上の選択肢は必要ねぇええぇ!!

 ・性能  

釘打ちブラフ。
霧変化では絶対に対応できない量のダメージ。報復・障壁・金鎖で対策していない体力6以下の霧変化持ちを1ターンキルできる。(唯一の例外は641霧ダブルだが、それにも100%勝てる。)そして今大会の最高体力は6。さらに霧所持者は半数の人気スキル。完全に場を読み切った体力1キャラ。キャラ含め今回のジョーカー。



ニュルンベルグの鉄の処女


 ・キャラ 

高島津・・・誰!?キャラよりもオーナーの方が謎すぎる。
一番こんなことやりそうな(ごめんなさい)utsmさんと本家高島津さんにキャラ紹介で挟まれるミラクル。スキルをS,プランをPとするほど徹底した機械的なプラン表記と、暖かいクレヨン画の取り合わせが奇妙絶妙。良いセンスしてるんだけど本当に誰ですか。すごく気になる。

 ・性能  

カウンター型。
ミュリエンティが崩せないキャラにはほぼ負けない。崩されたらハルシャニアでHP維持しつつ、フェルティエイトでダメージ&bind。防御と体力に秀でた持久戦に強いキャラ。



水の麗犬フローレンス


 ・キャラ 

円卓12犬の一柱、まさかのTCG出場。こいつらの会議が大好きです。フードの後ろの角のようなものが不気味といえば不気味。

 ・性能  

意味もなく脳髄を優先したり、サイコロでプランを決めたりと、なんとも不思議なプラン。正直、何がしたいのかよく分からない。
何を考えているかよく分から・・・アッーーーー!!!そ、そういうキャラかーーーー!!!
サカトゲとは別の意味でジョーカー。気がつくと何だか勝ってそうで不気味。高知力のキャラは要注意。



釘バッター


 ・キャラ 

そんな鎧着てフルスイングしたらそりゃ怪我します。
なんだかベテラン選手の哀愁を感じる。ロ●ンマスクのような中世英国騎士風の鎧だからですね。釘ブラフを「本当はフルスイングしたいんだけど封印」という設定にまとめたところが素敵。
でも・・・内野安打は機動力的に無理だと思うんだ・・・鎧で怪我で元長打・・・

 ・性能  

サカトゲと同じ釘ブラフながら、体力3とやや堅実。
毒拳はダメージ0だとpoisonが入らないとか、先攻夜鳴き刃で相手が構えているスキルのbind狙いとか、ルールを熟知した小技が光る強キャラ。特に夜鳴き刃の指定はこれ以上の方法はないのでは。



ルーレット


 ・キャラ 

なんという軸のブレない人。マーガレットの時から、絵を一目見ればこの人だと分かる。着眼点といい徹底した二色使いといい、すごく独特。とても変。オンリーワンオブオンリーワン。

 ・性能  

その名の通り、旋風に強い。
多彩なスキルで、少々ロールされた程度なら問題なく何かしらスキルが発動する。ちなみに、設定にある「大当たり」とは、「パターンDの風か地パネルをロールして剣にすること」だと思います。旋風の1ダメージ+釘打ちの自身8ダメージでぴったりHPゼロ。ぜひ見てみたい!残念なのは、あまりに旋風使いが少なすぎたこと。アビタァガアルか言帝と当たって風スキルがbindされれば・・・
その低確率っぷりも含めてまさに大当たり。拝めたなら本家TCG一回戦、祭VS夜鳴き刃に匹敵するプレミアもの。



パランツェッタ


 ・キャラ 

「パランツェッタ」ひらがなwww
誰が書いたのか、どんな意味があるのか。なぜひらがななのか。古代遺跡の謎みたいなワクワク感。全てを切り裂く4つの刃。上についているのは飛行用のプロペラなのか、それとも逆回転するバランサーか。
ちょっと動かしてみたい衝動!!(そしてもれなく切り刻まれる)

 ・性能  

今までありそうでなかった斬撃オンリー型。
知力を削ればここまで高体力・高火力が実現できる。
分かってても、すごく覚悟がいるんです。
勝てるキャラには勝てる、負けるキャラには負ける。じゃんけんの一角に徹したようなパラメータ。じゃんけんなので、当たる相手次第。運で優勝も狙えるタイプ。



言帝【スペルエンペラー】


 ・キャラ 

格好よすぎる!絵もプランもとんでもない存在感。これもぜひクリックして見るべき。スペルエンペラーを名乗る割に武等派・肉体派。あるいはそう確信させるだけのブラフ。10のプランに迷彩を混ぜてGMすらも惑わします。

 ・性能  

プランが少し分かりにくいので、RAYさんの解釈次第な部分がありそうな。
おそらく特殊な状況を除いてパターン眼が主力。そしてスキルのほとんどがブラフとしての役割。所持スキルでパターン変更するタイプのキャラは混乱必至。知力キャラを制する知力キャラ、言帝。サカトゲとの対戦がみたい。



水モグラのミモザ


 ・キャラ 

二人の魔女に続きマレタ国より参戦、水モグラのミモザ。現在動いているスレの中で一番神話っぽくて好き。ハルシャニア、霧変化、安らぎと、スキルがBBSの雰囲気とマッチしまくり。TCGとBBS、互いが互いのフレーバーテキスト。4レベルスキルに数奇な奔流とか欲しくなる。
それにしても、楽しそうに描いてるなぁ。見習わねば。ミモザかわいいよミモザ。

 ・性能  

一切攻撃しないというかなり変わったキャラ。
けして強くはないが、火力の弱いキャラや低体力ミュリエンティには勝てる。ただ、オーナーは勝ち負けをそんなに意識してないのかも。参加することに意義がある。そんなキャラがいてもいいよね。キャラが発表された時点で目的達成というのは、ある意味勝ち組。



愛濫(あいらん)


 ・キャラ 

私の子供を産ん・・・産ます方かッ!?
百合とかふたなりとかじゃなくて、本当にフェルティエイトの産卵管(銃)を持ってるんだと思います。・・・たぶん。

 ・性能  

ミュリエンティキャラ。
バグフィックスが存在する今回、敢えて同一複数スキルで勝負。結果白パネルにも関わらずバグフィックスを取得しているキャラはたった3名という見事な読み。先攻を取ったあとスキルパターンが戻せないので、体力5以上の相手は厳しいかと思いきや、産卵管バインドがむしろ低知力な人に効くかもしれない。



アビタァガァル晶さん


 ・キャラ 

高島津さんのキャラ、アイシィティル晶子の2Pキャラ的な感じで。書き忘れたけれど線画はくろねこさんです。高島津さんのテキストをリスペクトと称して全力でパクリにいきました。
文字見えなくてスルーされたくなくてもう自分で言うけど手にしているのは硝酸の瓶にチロルチョコ。バレンタインな季節だったので。
後で気づいたけど実際の硝酸の瓶は日光分解を避けるために元から茶色。

 ・性能  

封殺タイプ。
新スキル全潰しに出たものの、予想以上に参加者のパラメータがはっちゃけ過ぎてて若干涙目。旋風で相手のミュリエンティを維持しつつロール破壊、というコンボには自信あったけども、poison対策でみんなパターンAを捨ててたのでそれほど意味がなく。
それでも、いいとこまで行くと思うよ!思うよ!!
己のキャラを信じずして、何がTCGか!



えぬえむ


 ・キャラ 

マーガレットの人気キャラがTCGに参戦!
バッサリ斬って捨てる物言いのえぬえむちゃんと、渡り合うどころか遥か上をいくフリーダム剣匠、二人の漫才は健在。・・・とか本人の前で言うと手にしたツッコミ剣で殺されそうですが。マイナスとマイナス、かけ合わせてプラスという発想はなかった。新鮮。

 ・性能  

防御主体のキャラ。
師匠から渡された凶悪剣を、自分が死なないようにどうにかこうにか使うイメージ。修復で常に最大HPまで回復した後に霧変化で耐える。隙を見て灼熱波で剣殺し。ナタリエルの天敵になりそう。



何もしないミュリエンティ


 ・キャラ 

正統ミュリエンティ。
雪のような背景と線の感じがすごく儚い。何を考えているのか、何を見ているのか。少なくともミュリエンティはそれを外には出さない。なんつて。封印されてる分、封を破られたミュリエンティは絶大な破壊力を持つ、としがちだけれど、些細な攻性現象を起こす程度、という予想の方が世界観があるというか、ミュリエンティらしいのかも。

 ・性能  

刃で斬られても傷つくことすら絶対無為のミュリエンティ。
封を破られても、ランダムに選ばれたパターンから、ぽつりぽつりとスキルを打つ感じ。なんだかこう、性能うんぬんを超えたところにミュリエンティらしさが。
勝てるキャラはけして多くはないと思うけれど、これは正統なミュリエンティです。反論は受付けません。


以上。お粗末さまでした〜。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月

アーカイブ
2007年 (1)
1月 (1)
2009年 (19)
2月 (4)
3月 (7)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:6
昨日:4
累計:41,351